Now Loading...

東京都港区のホームページ制作会社 株式会社ENVY DESIGN

03-6435-3276

お問い合わせ
Blog

ブログ

公開日:2018/09/29

category:

サイトのコンテンツ作りは自分で行うのが効果的!

サイトのコンテンツ作りは自分で行うのが効果的!

サイトのコンテンツ作りは誰がやるべきか

SEO対策が、従来のキーワードや被リンク重視の施策から良質なコンテンツをユーザーに提供するコンテンツSEOに移行しています。

 

そのため、自社メディアや公式ブログで良質なコンテンツを提供する企業が増えてきています。

良質なコンテンツを定期的に更新することこそがSEOのでも効果的だと言われています。

 

それでは、自社メディアのコンテンツやブログ記事は誰が更新していくのが最適でしょうか。

それは企業の社員が最適です。また、お店のホームページであれば、店長やスタッフが担当するのが良いでしょう。

コンテンツ作りは制作会社に外注することもできる

お客さまの中には、コンテンツ制作のリソースを十分に確保できないので、制作会社に全てお願いしたいとご相談頂く場合もございます。

 

確かに、制作会社でもライターが記事制作を担当したり部分的にお手伝いをしたりすることも可能です。

ライターの書くコンテンツ記事は一般的なものになりがち

ライターの書く記事は文章こそ読みやすく内容もまとまっていますが、コンテンツの内容は一般的で、他のサイトでも取り扱っているような当たり障りのない内容になってしまうことも多いです。

 

どうしても企業の社員やお店のスタッフとは異なり、企業や店舗の特色、地域的な風土、お客さまの年齢層、業界の情報といった細かな部分まではわかりません。

 

Googleはコンテンツの独自性も大きな評価要素としているため、コンテンツを制作するのはそのようなことをしっかり把握されている方が最適なのです。

 

また、コンテンツ制作を制作会社に依頼すると1記事数千円~の金額がかかってきますので、コスト面での負担も大きくなります。

できれば、数名でコンテンツ制作を行う

更新頻度にもよりますが、週に数度の更新を一人で行う場合は、コンテンツ更新の専任担当者でも置かない限り、他業務との兼業では大きな負担がかかります。

 

また、一人で数多くコンテンツを制作すると、どうしても切り口や文章の内容が似通ってきてしまいます。

 

そういった意味でも、様々な部署の社員が持ち回りで対応したり、店長・スタッフが交代制で制作するのが望ましいです。

コンテンツのクオリティチェックは必要

様々な方がコンテンツの制作に関わるのは良いことですが、作り手によってコンテンツにクオリティの差が生じては問題です。

文章全体の文脈が分かりにくかったり、誤字脱字だらけだと、Googleにペナルティーを受ける可能性もあります。

 

また、秀逸なコンテンツを制作しても、SEOを意識したタイトルや文章でなければ検索エンジンに評価されにくくなります。

社内のWeb担当や制作業者にコンテンツ自体の統括をしてもらうようにすると、より集客効果を得やすくなるでしょう。

まとめ

自社メディアのコンテンツは、できるだけ内情を把握している社内で制作することをお勧めします。

ただし、リソースがどうしても確保できない場合やコンテンツ全体のクオリティの監修が必要であれば制作業者に相談してみるのが良いでしょう。

WEBに関するお悩みがございましたらご相談ください。
無料お問い合わせはこちら

カテゴリー

新着記事

< /body> < /html>