Now Loading...

東京都港区のホームページ制作会社 株式会社ENVY DESIGN

03-6435-3276

お問い合わせ
Blog

ブログ

公開日:2018/09/12     更新日:2018/09/13

category:

Googleが評価する価値、魅力、独自性のあるコンテンツとは?

今回はGoogleが評価する良質なコンテンツとは何かということを考えていきます。

Googleはどのようなコンテンツを評価するのか

Googleのガイドラインではどうなっているか

スパム行為をしないことや、技術的な面を除けばGoogleの定義では下記のようなコンテンツ作りが推奨されています。

 

● 検索エンジンではなく、ユーザーを最優先に考えたコンテンツ。

● 独自性、価値、魅力があり、同分野のサイトと差別化をはかれているコンテンツ。

 

抽象的ですがなんとなく雰囲気は伝わってきます。

 

では、具体的にどのようにしてユーザーを最優先に考え、価値や魅力を高め、独自性のあるコンテンツを作れるのか考えていきます。

 

ここからは私の想像も多分に含まれてきますので、予めご了承ください。

ユーザーを最優先に考えたコンテンツ

一番最初に浮かんだサイトは、俳優の阿部寛さんのサイトです。

度々、話題にのぼるのでご存知の方も多いかもしれません。

 

▶ 阿部寛さんのホームページ

 

サイト名は「阿部寛のホームページ」。どんなことを紹介するサイトかはっきりしています。

また、ページの表示は一瞬!サイト構成はシンプル!

 

ただ、スマホの最適化がされていないのがマイナスでしょうか。

 

何が言いたいのかというと、自分本位でかっこよく魅せるためだけのアニメーション、デザイン重視の画面いっぱいの大容量画像。

 

そういったものなら、無い方がユーザーのためになっているのかもしれません。

コンテンツの価値を高める

ユーザーは自分の知りたいことを検索するので、その答えに導いてくれるコンテンツに価値を見出すのではないでしょうか。

 

価値=情報の質+情報量

 

こんなイメージではないでしょうか。

 

それに近いものでいうとyahoo!知恵袋や教えて!gooなどが思いつきました。ただ、答えの質が常に高いものとは限りませんが。

 

情報の質と情報量が価値になるのであれば、数千文字や一万時に及ぶようなコンテンツが上位表示されやすいというのは納得です。

コンテンツの魅力を高める

これも価値と似たような意味合いで使用されているのでしょう。

 

魅力がある=ユーザーを惹きつける=頻繁に足を運ぶサイト

 

かなり無理やりな感がありますが、私はTwitterやFacebook、更新頻度の高い人気ブログなどをイメージしました。

独自性

まず、思いついたのは、専門性の高いコンテンツではないでしょうか。

例えば、科学者や研究者が監修するコンテンツであれば、他に誰も真似できないので独自性は申し分ないでしょう。

 

または、地域性の高いコンテンツでしょうか。

範囲は狭まりますが、同じ地域に同じようなコンテンツを作っている方がいなければ、研究者並みの独自性になりそうです。

 

その他にも、自分で調べた独自データに基づいたコンテンツやコンテンツもよいかもしれません。

まとめ

今回の記事は事実ではなく、私の考えや思いの部分が多いので、他の記事と比べると独自性は高いかもしれません。

ただし、最終的な答えや解答が出ていないので、価値や魅力という点では評価されないのかもしれません。

 

明確な答えが出ず、想像ばかりを記載したこの記事はどう評価されるのでしょうか。

 

この記事を読んでいる方がいらっしゃるのであれば、ある程度評価されたのかもしれません。

WEBに関するお悩みがございましたらご相談ください。
無料お問い合わせはこちら

カテゴリー

新着記事

< /body> < /html>